小潮ノ月

SD(ボークス社)に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お医者様遊び

三日前のことである。


大分陽の光が黄金色を帯びてきた頃、三人の娘達が帰ってきた。

お帰りぃ、何してましたん?

お医者様遊びしてたんや。
権三はんと留吉はんと四郎と。

お医者様遊び?

そうや~、み―んな一緒やったんや。

お医者様遊びと聞いて頬を微かに赤らめた陽那であった。

四郎は?

後から来ると思うえ。

かなり遅れて四郎が喉をひっくひっくさせながら帰ってきた。
前屈みで眉を寄せて歩いている。

四郎、お帰りぃ。
どうしたん?

何もない。

〈 ?? あの娘達はいつもと変らへんなあ。 四郎はべそかいてたような・・ どんな遊び方したんやろ。 変やねえ。 〉

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

三人の娘が一団となって歩いている。

遅れて、四郎。

権造はん、なんか嬉しそうな、ほわ~んな顔して上向いておりましたなあ。
あれ、おちんちんですやろ、皺々の所さすってたら、なんかむくむくと固うなっておもろかったわ-。

うちもや。
留吉はんもでれーっとした顔してたもん。
けど姉様、あれって手-疲れるだけやん?
うちら、ぜーったい損しとるわ。

そうかあ?
それでもなあ、人様が喜ぶ事をするのんは、良い事なんえ。

うち、ようわからへん。
けど姉様達、なんであんな大っきい声出したんや?
ギャ――! って。

うち、いやや、思い出しとうない。

あれはなあ、権造はんのものをなでなでしてた時や。
足の後ろを長いにょろにょろはん、横切りましてん。
うちもうそれ見てビックリしてしもうて、手をこう、ぎゅーっと握り締めたんどすわ。

うちもそうや。
あれ、もう大っ嫌いやわ。

そうか~、よく見ると可愛い顔してはるえ。
うちは姉様達が大っきい声出したんで驚いたんや。
そんなに強う握ってへん。

華那は結構力あるやろ。

権三はんも留吉はんも、どないしてあんなに唸って唸って唸ってはりましたんやろなあ。
丸まってなっかなか起き上がらんと。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://h2211g3n.blog136.fc2.com/tb.php/234-cf3b437b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。