小潮ノ月

SD(ボークス社)に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼も内

二月三日はもう過ぎましたが、節分だったのですね。
節分といえば豆まきが定番ですが、当地では北海道式で、まくのは南京豆です。
そういえばスーパーの棚にあった南京豆の袋の山が、いつの間にか消えていました。
当家では、大豆を炒ったのを神棚に飾り、南京豆をまきました。
今は小さな子供がいないので、まくのは省略しています。

鬼といえば桃太郎の鬼退治です。
鬼の大将s-
きび団子を携えた桃太郎が、犬、猿、雉子を従えて鬼ヶ島の鬼退治。
金銀財宝をどっさり持帰り、爺様婆様にさし上げましたとさ。
めでたしめでたし。

鬼ヶ島?s-

こちらは昔、小仁田さんのお宅に伺ったときに聞いた語です。

昔々、桃太郎と申す勇猛果敢な若者が、きび団子で雇い入れた犬、猿、雉子を従えて、鬼達が住む鬼ヶ島へやって来ましたそうな。
鬼達には何の咎をも無きものを、突然乱暴狼藉無体の末の末、長年永々汗水流して働き蓄た金銀財宝、ごっそり奪っていきましたとさ。
鬼の目という目と目には、涙・涙・また涙・・・
何という悪行不埒でありましょうや。 
この世には、きっと神も仏もないのでありましょう。
以来、鬼の中から過激な者が現れ出で、里人には オニ と呼ばれ恐れられたそうな。
嗚呼・・・ orz

えみりィ _0048s-s-

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://h2211g3n.blog136.fc2.com/tb.php/225-8d1ec89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。