小潮ノ月

SD(ボークス社)に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが電気

一生懸命に原発が止まれば大変だ、と煽っているようですが・・
大嘘であることがバレ始めています。
(よかったよかった)
たかが電気です。
回転軸をグルグル回せば電気を生み出せるのです。

当地下北では、でっかい風車がぐるんぐるん回ってます。
s-風車_6054
数も随分増えました。
半島の北-南まで据えると、原発一基分に相当するとか。
ああ、でもこれ、外国製なのです。
原発につぎ込んだ金の一割位でもこちらに回せたなら、今頃世界中で日本製の風車がグルグルしていたでしょうに。
電力会社には税金を回し、さらに、一般家庭は諸外国より高い電気利用料を支払い・・

ウチの近くの川(幅2m位)でも、丁寧に発電施設を設ければ個数百戸位の当部落全部の電気が賄えます。
下北では、川は豊かです。
でも開発はしません。
何故?
モチロン、原子力ムラが、儲からないから。

小さな工事は、巨大企業にとっては、とてもやりにくいのです。
小回りがきくのは地元などの中小企業。
中小企業主体だと、地元が潤う。
でもでも、ぜーったいに、やらせません。
せいぜい、下請けの下請けの・・。
何故?
モチロン、原子力ムラが、儲からないから。

その外にも、地熱、太陽光、潮力発電とか、有望なやり方は5万とあるのに。
原発利権がいかに巨大でヨダレものであるかの証でしょう。

s-しの_1571


テーマ:原子力関連 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://h2211g3n.blog136.fc2.com/tb.php/166-e7ab5b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。