小潮ノ月

SD(ボークス社)に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金を返します

小学生の時の修学旅行でのバスガイドさんのお話しです。
当時は函館二泊三日の行程でありました。

柏の木です。
s-柏_4945
s-柏_4946

昔々、アイヌ人が日本人の商人から金を借りる時、返す時期をこの木の葉っぱが全部落ちた時と約束したのでした。
しかしこの柏の木の葉は枯れても枝に付いたまま、なかなか離れません。
全ての枯れ葉が落ちる頃には、もう次の芽や葉が出ているのでした。
日頃虐げられているアイヌ人が一矢を報いた物語でありました。

でもこれは観光用(?)に書かれたものでありましょう。

もしもこのアイヌ人が酋長など地位のある人ならば、借金を返さない報復としてここの部落の人は借金ができなくなります。
一般の人なら、部落の他の人達に迷惑がかかりますので、部落から何らかの罰が与えられるでしょう。
この厳しい自然の中で他の人の協力が制限される事は、直ちに死を意味します。

可能性があるとすれば、反乱を起こすことが決まっている場合、ぐらいでしょうか。

なお、部落という単語を使いましたが、青森県では差別用語ではありません。
言葉狩りは嫌いですので本来の意味で使っています。

s-まりィ_0123
スポンサーサイト

テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。