小潮ノ月

SD(ボークス社)に関するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK紅白歌合戦

小林幸子という歌手がいます。

彼女が若い頃(中学~高校生頃か)その歌唱力は素晴らしく、天才少女と呼ばれてましたっけ。
しかし、その後あまりヒット曲に恵まれなかったらしく、しばらく消えていました。
大人になった彼女をテレビで見かけるようになったら、随分こねくり回した歌い方をしていました。
売るために個性を出そうと、小手先の技術を選んだのでしょうか。
水前寺清子もその方向へ向かいましたね。
都はるみも、若い頃一時そちらに行きかかった時がありました。
踏ん張り演歌とか言われてましたっけ。
売れる、というかメジャーになるのは大変です。
私思うに、個性は自然に出てくるもので、無理に造るのは聴く方もチト辛いものがあります。

小林幸子は今、電飾歌手として活躍しています(今年はやらないかも)。
彼女の歌は、天才少女と呼ばれていた時のが一番良いと思っています。

s-しの まりィ_1570
スポンサーサイト

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。